outline

ZYCOM architectsについて

私たちは、デザインのスタイルにとらわれることなく、お客様のご要望やライフスタイル、ご予算、敷地環境等の与条件を細かく分析・検討し、常に新たな発想を持って豊かな住空間を創ることを設計の基本姿勢としております。
また、住宅だけでなく、オフィスビルや集合住宅といった規模の大きいものから店舗のインテリアデザイン、リフォーム、家具デザインなど、あらゆる空間のデザイン・設計を行っています。
私たちはこういった設計活動を通して、デザイン・建築設計の新たな可能性を追求し続けていきます。

設計・監理業務について

設計事務所の業務は「設計業務」と「監理業務」の2つに分けることができます。
設計業務とは、「基本計画」、「基本設計」、「実施設計」の3段階あり、それぞれ下記の流れで進めていきます。

1.基本計画

お客様から設計依頼のご連絡を頂いたら、ご質問やご相談にお答えさせていただき、ご要望のヒアリングをさせていただきます。
その後、敷地調査・役所調査などを行い、簡単な図面・スケッチ・パース・模型等によるプレゼンテーションをさせて頂きます。
プレゼンテーションを御覧頂いてから、ご契約されるかどうかのご判断を頂きます。
ここまでは無料にて行います。

2.基本設計

基本計画で提案させていただいたものを元に、設計図面を作成していきます。
また、より詳細な模型・パース等も作成し、お客様が空間のイメージを具体的に認識できるように致します。
さらに、お客様がご納得いかれるまで、打合せを重ねます。(標準的には5~10回程度の打合せとなります。)

3.実施設計

基本設計で決定したことを元に、より詳細な、工事をする為の図面を作成します。
この間もお客様との打合せは適時行います。
実際に使用する材料等もサンプルで確認していただきながら決定していきます。
また、諸官庁との協議を進め、建築確認申請もこの段階に行います。
その後、施工会社に工事費の見積りをお願いし、施工業者を決定します。
ご予算と見積額に差があった場合は、材料等を見直し、調整した後に施工会社と工事請負契約をしていただきます。

監理業務は、工事が着工してからの業務です。
工事中、毎週1~2回の割合で現場を訪れ、図面どおりに施工されているかを細かくチェックし、その状況をお客様に随時お知らせします。
また、完了時等に行う諸官庁の検査にも立ち会います。

このように、お客様と施工会社との間に第3者的な立場で立って、工事費の流れや施工状況を透明化し、より豊かな空間を「適正価格」で提供することが私たちの業務の具体的な内容です。

設計・監理料について

設計・監理料は、工事費に対する掛け率で計算されます。
下記を参考としてください。


(※住宅の場合、消費税別、また、構造計算が必要な場合は別途構造計算費用として、設計費の15%~20%程度が必要となります。)

詳しいお問い合わせ先:archi@zy-com.net