works

house

2012
池尻の住宅
House in Ikejiri

  • 設計

    ZYCOM architects

  • 構造設計

    吉田一成構造設計室

  • 所在地

    東京都世田谷区

  • 構造・規模

    木造 一部RC造 地上2階地下1階建

  • 主用途

    専用住宅

  • 敷地面積

    51.43㎡(15.5坪)

  • 延床面積

    82.59㎡(24.9坪)

  • 建築面積

    29.56㎡(8.9坪)

  • 施工

    有限会社 ケイ・エス建設

  • 設計趣旨

    田園都市線池尻大橋駅から徒歩数分の場所に位置するこの建物は、ご夫

    婦とお子様2人のための住宅です。

    地中に80cm程埋まった半地下部分は2人のお子様のための空間、外階

    段で半階上がったところにあるのは家族が集うスペース(LDK)です。

    そして、北側斜線による斜め屋根の下はご夫婦の寝室と洗面・浴室が配

    置されています。

    建築面積が約8.9坪という狭小住宅ながら、室内空間はその数字を感じ

    させない広がりを持っています。

    敷地の長手方向を意識させるような造り付けの壁面収納。ダイニングの

    ベンチシートに座れば対角線方向に視線が抜けます。

    また、狭小住宅では収納が最も重要なポイントとなります。

    広くはない空間に物が溢れていては、生活の場が圧迫されてしまいます。

    最適な場所に、最適な大きさの収納を配置しました。将来のお子様の成

    長に伴う物の増加にも適応できるスペースの確保もしています。

    仕上げに関して、お子様の部屋となる地階は、周囲が土に接する部分は

    コンクリート打ち放し、その上はシナ合板目透かし貼り、天井は構造現

    し仕上げとしています。

    感受性豊かな、お子様の部屋と言うことで、できる限り素材感を活かし

    た仕上げを選択しました。

    1階のLDKはシンプルながら、温かみを感じられるよう、床は無垢フ

    ローリング、壁面収納はシナ合板を使っています。ダイニングの壁面は、

    お施主様の友人によってひまわり色に塗装されています。

    2階の寝室は、斜め屋根による屋根裏感を出さないよう配慮しています。

    都心の狭小地にあるに関わらず、光が差し込み風が抜ける、快適な住宅

    になっています。

外観外観

外階段外階段

1階リビング 造り付けの壁面収納は、一番下がキャスター付のBOX収納、その上が固定の棚となっています。棚の端部はPC用の机になっています。1階リビング 造り付けの壁面収納は、一番下がキャスター付のBOX収納、その上が固定の棚となっています。棚の端部はPC用の机になっています。

ダイニング 造り付けのベンチソファの下は収納になっています。ダイニング 造り付けのベンチソファの下は収納になっています。

キッチンカウンターの下は食器棚になっています。キッチンカウンターの下は食器棚になっています。

グラスや取皿など、収納力は十分です。グラスや取皿など、収納力は十分です。

キッチン出入口キッチン出入口

キッチン 大工さんによるオリジナルのキッチンです。キッチン 大工さんによるオリジナルのキッチンです。

キッチンからリビングを見る。キッチンからリビングを見る。

ダイニングからリビングを見る。ダイニングからリビングを見る。

玄関との間仕切り扉です。ポリカーボネイト製で、玄関に光を透します。玄関との間仕切り扉です。ポリカーボネイト製で、玄関に光を透します。

地階子供部屋 素材感のある仕上げです。地階子供部屋 素材感のある仕上げです。

2階寝室 畳敷きの和室です。2階寝室 畳敷きの和室です。